園児・小学生からはじめる「プログラミングビスケット」

-----粘土あそびのようにコンピュータに触ろう・作ろう!---------
内容  タブレットを1人1台用意し、親子や小学生に文字や数字を使わないで自分の描いた絵を動かせるビスケットプラグラミングの体験をしてもらいます。(簡単な絵がかければどなたでも出来るようになります)

2020年には小学校の授業でもプログラミングが扱われることになり、様々な取り組みが全国で始まっています。ビスケ ッ ト と い う と て も 簡 単 な ツ ー ル を 使 い 、自分の描いた絵をいろいろと動かしてもらいます。子 ど も 達 の 自 由 な 発 想 で プ ロ グ ラ ミ ン グ で の モ ノ づ く り を 体 験 し 、コ ン ピ ュ ー タ は創造力を引き出す道具あることを体験します。
 
第1部 午後1時から2時30分 親子 20名
            (簡単な絵がかければどなたでも) 
 ビスケットの基本的な使い方
  各自が描いた海の生き物を集めてみんなで想像の海の世界を作ります。

第2部  午後3時から4時40分 小学生20名
ビスケットの基本的な使い方
各自が描いた海の生き物を集めて想像の海の世界を作ります。
プログラムにシュミレーション入門

1部2部入れ替え制(事前申し込みが必要です)
参加費 ひとり1000円(タブレッドPC各1台)

参加希望の方は、このイベントページの参加ボタンを押すか水戸こどもの劇場までご連絡下さい。
定員を超えた場合はキャンセル待ちとなりますのでご了承ください。

平成29年度県立高校入試分析

英語入試得点分布のグラフを作りました。平均52.3点で満点は20名

英語が他の教科と違うのは平均得点の生徒が少なく30点前後に多く集中していることです。英語力が必要、小学校から英語の教科化と言われていてほとんどの小学校で英語学習を導入しているのに、小学校で英語を学習しなかった時代に比べて英語苦手な中学生が多くなっているのです。

大学入試が変わります。

文科省は、大学入試センター試験に代わる「大学入学共通テスト(仮称) 」の実施方針案を、5月16日に公表した。平成33年度1月の入学者選抜からの開始で、国語と数学はマークシート式問題に加えて記述式問題を出題する。各教科や科目の特質に応じて、思考力、判断力、表現力を中心にした評価を行う。

国語と数学で記述問題例

ご不明な点やご質問などございましたお気軽にお問い合わせください。

小学校で「プログラミング教育必修化」

 

小学校で「プログラミング教育必修化」...どういうことか?

~各教科の中で扱い、「プログラミング的思考」を養う~

次期学習指導要領の完全実施と合わせ、文科省は「プログラミング教育」2020年度から小学校でも必修化す る方針です。ここで注意したいのはその内容です。「情報科(プログラミング)」といった新教科ができるわけではなく、 各教科の学習の中で「プログラミング的思考」を養うことを目指しているのです。

                  次期学習指導要領と 「プログラミング教育」の位置づけ

※ 文科省「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」(2016_07_19)より

教育情報

小学校

問題の解決には必要な手順があることに 気付くなど、 基礎的な「プログラミング的思考」を 身に付けることができるようにする。

新教科にはせず、現行各教科の中に組み 込む。各教科等の特質に応じた見方・考 え方を働かせた「主体的・対話的で深い学 び」の中で実現し、各教科の強みとプログ ラミング教育のよさが相乗効果を生むよう な指導内容を具体化。

中学校

簡単なプログラムの作成や、コンピュータの働きの 科学的な理解を目指した構造化された内容を 体系的に学ぶ

高校

技術・家庭科にて、 必須とする

※現在も組まれてはいるが、 確実に実施されるようにして いく

「情報科」を、「情報I、II (仮称)」に再編成し、2単位 必須とする

コーディングを学ぶことが目的ではなく、「主体的・対話的で深い学び」の実現に資することが重要!!

プログラミング教育が必要とされる背景

そもそもなぜプログラミング的思考が必要なのか、について主な要因を挙げてみると以下のようになります。 ■近年の人工知能の飛躍的な進化なども含め、身の回りはコンピューターシステムが必然 ■一方人間は感性を働かせ、機械にはできない目的に応じた創造的な問題解決を行う存在 ■身近な生活の中で自販機やロボット掃除機など便利なシステムを使うだけでなく、コンピューターには「意図した 処理を行わせることができること」を理解し、その新しい価値(機能・仕様等)を創造できるようになる必要がある

以上のようなことから「プログラミング的思考」、つまり自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動 きの組合せが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組合せ をどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力が必要である、と いう意図(ねらい)に基づいています。

しかしながら「プログラミング教育」「プログラミング的思考」を現場の先生がたや、さらに各教科へどのように落とし込 んでいくか、などには、もう少し段階や時間が必要そうです。具体的な事例の集積や共有・研修、専門人材の参画 も含めた社会との連携や体制構築、ICT環境の整備など、クリアすべき課題が数々あるのも事実です。 いずれにしても、目の前にいる子どもたちの理解を深め、今後をしっかりサポートしていくためにも、学校教育の変化 や動向を引き続きウォッチしてまいりたいと思います。

小学校では具体的にどのような活動が行われるのか? ~文科省が検討段階で示した活動例~ 


0 コメント

春の無料体験&入会キャンペーン

文部科学省の学習指導要領によると、2018年からは将来的に「英語で討論・交渉できる」
英語技能を身につけることをめざし、【聞く、話す、読む、書く】に加え、【対話する】ことも
重要視されることとなりました。

Benesseこども英語教室の先生は、一人ひとりの「聞いてほしい」、
「●●と言いたい!」を常にとらえ、「もっと英語で表現したい」気持ちを引き出す指導力があります。
オールイングリッシュで少人数制のレッスンだから、たっぷり英語に触れて、たっぷり話す体験で、
どんどん英語が自信につながります! 
保護者の方が気になるお子さまの成長やつまずきも、面談や参観日などで確認できるから、安心です。

英会話は伝え合う楽しさの中に、「もっと! 伝えたい! 理解したい!」という意欲が大切。
その意欲を引き出すのに最適なレベルの内容を、教育のベネッセならではのノウハウで、
年齢と発達に合わせたカリキュラムをご用意!

聞く・読む・話す・書く力が、
どのくらいついたかが客観的にわかるテストを実施

タブレットで、<聞く・読む・話す・書く>の4つの力を的確に測るテストを実施します。もちろん、教室の先生が丁寧に受験から振り返りまでをサポートするから、つまずきを解消し、
バランスよく4つの力を育みます。

0 コメント

速読 秋の検定で優秀賞

速解力検定は、各個人の読書速度・読解速度を数値化することによって、より明確な自分の基礎能力を確認することができます。この速解力検定は6月と11月に実施されます。11月の検定結果が出ました。志学塾友部から2名が成績優秀者として表彰されました。また、読書速度と内容理解度の両方がそろって認定される段・級で6名の昇級が認められました。

 

期末テスト対策勉強会

11/15(火)から22(火)まで10時30分まで延長!

  10時30分まで延長して勉強ができます。

11/19(土)は午後1時30分より7時30分まで

11/23()は午後1時30分より7時00分まで 

塾の授業日以外も(何日でも)塾で勉強ができます。

(席に限りがありますので、予約をした方優先です。)

学校指定のワークの他に直前は理科や社会のiワークを学習してください。希望者には対策問題も配布しますのでご相談ください。

 

友部中学校 友部第二中学校 岩間中学校 笠間中学校

あと伸びする学力

志学塾は、基礎学力の重要性をとなえ、読解力と思考力、課題解決力を身につける小学生のエジソン教室を開いています。そこでしっかり学習力を身につけた生徒は、中3の2学期、入試に向けて学習内容が難しくなっても(そうなったときこそ)実力テストの点数も伸びてきます。ご紹介している2名の塾生はどちらも小学4年生からエジソン教室で学習している現中3生です。

 上の生徒は、受験のたびに偏差値が上がっている稀なケースです。下の生徒は、中2の2学期まで問題が簡単な時期は偏差値は下がっていましたがそののごてきた生徒。どちらもエジソン教室で身についた学習力が2、3年後はっきり数字で出てきた例です。

教育の強靭(きょうじん)化に向けて

教育の強靭(じん)化に向けてについて

 

 平成28年5月10日付けで、文部科学大臣より以下のメッセージを出されました。「ゆとりか反ゆとりかという量の議論から質の議論へ」ということです。だから、今回の学習指導要領改訂で、もうこの問題には完全に決着がついた、と思わなければいけません。もうここからは、量の問題は考えないで良い、質のことをみんなで考えて論議していこう、ということです。

平成29年度公立高校入試日程

【一般入学】

出願期間:平成29年2月10日~2月14日

志願先変更:平成29年2月20日~2月21日

学力検査:平成29年3月3日

特色選抜実施校の面接等:平成29年3月6日

実技検査(※):平成29年3月6日

※一部の学校・学科で実施

 

合格者発表:平成29年3月13日

 

茨城県の公立高校入試制度(平成28年度)

内申書情報

一般入学 共通選抜

一般入学 特色選抜

内申書には、中一から中三までの9教科5段階の成績が記入される。内申点は各学年45点満点で計135点満点。共通選抜では、内申点の合計が高い順に並べられ、その順位が合否判定に使用される。

 

合否判定は、A群、B群の2段階の選抜によって行われる。学力検査(5教科500点満点)の得点合計順位が募集人員の上位80%以内で、内申点を高い順に並べた順位が募集人員の人数以内であればA群として原則合格。それ以外の受験生はB群として、学力検査か内申書のどちらかを重視する方法で選抜される。

 

一部の高校で実施。文化・芸術・体育などの分野で優れた資質・実績がある人が対象。学力検査、内申書、面接、学校により実施する作文や実技検査などの選抜資料を総合して合否を判定。特色選抜で合格しなかった場合は、共通選抜のみの志願者と合わせて選抜される。

 

英語 入試傾向

総合的な英語の力が求められるのが特徴!

大問1はリスニングで、選択問題が中心。大問2は語い・文法問題。大問3・4は対話文読解で本文と関連するメールを完成する問題などが出た。大問5は約410語の物語文読解で、英問英答問題なども出たよ。大問6は発表する原稿について20語~30語で書く英作文が出た。

数学 入試傾向

8大問中、3大問が小問集合!

大問1、大問2、大問3は小問集合。大問4は関数のグラフと図形の融合問題。大問5は相似に関する証明問題など。大問6は身のまわりの関数の問題。大問7は資料の散らばりと代表値の問題。大問8は空間図形で、体積や面積に関する問題が出た。

国語 入試傾向

幅広い単元で読解力が問われる!

大問1の小説と大問2の説明的文章は小問数が多く、読解問題に加えて漢字の問題が出されたよ。大問3は古文、大問4は韻文(短歌)の問題で、大問5では、グラフと会話文が示され、話し合いに参加して200字程度で自分の意見をまとめる形の作文が出題された。

理科 入試傾向

小問集合以外の全大問で文章記述問題が出た!

大問1・2は小問集合、大問3~6は物化生地から各1問の出題。小問集合の中には、図や表などを見て答える問題がいくつかあり、小問集合以外の全大問に文章記述問題が含まれていた。大問5の天体の問題では、年周運動や星座をからめた問題が出た。

社会 入試傾向

資料を読みとって答える問題が出ている!

大問1は地理・歴史・公民,大問2は公民,大問3は地理,大問4は歴史からの出題。3分野ともに文章記述問題が出ているので,簡潔に文章をまとめる力をつけておこう。また,地理では,グラフや統計資料など複数の資料を使った出題があった。正確に資料を読みとる力が必要だ。

こども英語教室体験レッスン受付中!

志学塾友部教室 0296-70-5122

      日曜祝日休み 午後1時30分より受付

       問い合わせフォーム

平成28年度県立高校入試分析

茨城県教育委員会より平成28年度県立高校入学者選抜実施状況報告書が発表になりました。

そのデータをもとに五教科の得点分布をグラフ化しました。

 最近の受験生の傾向が今年も出ています。

 まず、英語の二極化はよりはっきりしてきました。それも下の極のボリュームが大きくなってきています。国語はピークが他の教科に比べて得点の高いところにあります。数学は過去に比べて満点者が少なくなっていますが、46-50点をピークに対象な分布となっています。

 設問の正解率や出題傾向とたい泣くなどは、塾で行う高校入試説明会で行います。

      

      国語  社会  数学  理科  英語    合計

 平均点  66.89 59.37 48.85 50.75 55.24   281.10

 満点者   16  26   9   9   46  最高点 483

 

  

 

修学旅行のお土産

先週は、中学3年生が修学旅行でした。そして帰ってきた生徒たちからお土産をたくさんいただきました。

  志学塾では、頂いたお土産は塾生みんなで分けていただきます。

 

京都修学旅行のお土産といえば定番の生八つ橋ですが、今はいろいろな味のものがありますね。

その八つ橋でも毎年多いのが「おたべ」ブランド。その中に賞味期限が他よりも長いものがあり昨日開封しました。「八つ橋クランチ」

 生八つ橋ばかりに飽きた子たちに大人気でした。定番土産も進化していますね。

 

  修学旅行 友部中学校 友部第二中学校

 

「高大接続改革」教育再生実行会議


中間テスト満点賞!

友部中学校定期テスト 満点賞
友部中学校定期テスト 満点

志学塾では、定期テストや実力テストで満点をとった生徒には満点賞としてミスタードーナツの詰め合わせをプレゼントします。1学期の中間テストでも満点賞が出たのでAさんにプレゼントしました。
 今までもそうですが今回も満点賞を獲得した生徒は、このドーナツをクラスの仲間にご馳走します。

そしてクラスの仲間も次は自分が仲間にご馳走できるように頑張ります。

茨城大学合格!

昨日は、茨城大学の合格発表でした。
教育学部を受験した塾生が合格の知らせを届けてくれました。
そして、その様子が茨城新聞ニュースに!

彼は高校野球を高3年の夏予選まで続けて引退してから
また塾に戻ってきました。その半年間の集中力は素晴らしい
ものでした。きっといい教師になるでしょうし、
そうなるようにこれからも応援していきます。

卒業生が来塾(2)!

明日は県立高校の入学試験
中3生は先週で塾の受験対策は終了
今週は自由学習
さすがに前日、今日早い時間に
2名が学習に来ただけで
静かな夜でした

しかし、
3月といえば卒業、進学シーズン
先週に続き今夜は昨日高校を卒業し
大学進学も決まった生徒が
進路の報告に来てくれました。
私の塾での学習は
中学卒業までてしたので
三年ぶりの顔合わせでした。

成長した彼らの姿が
私の背中を押してくれています。

ありがとうo(T^T)o嬉し涙

高校受験生最後の授業

受験生最後の授業は仕上げテストとその解説の

8時間学習


お昼は、みんなの合格を願って
う勝っ田サンドをふるまう!

卒業生が来塾!

今日も慌ただしい日中でしたが、ほっと一息ついたところに昨春東京大学理科二類に進学した深谷くんが教室を訪ねてきてくれました。彼とは小学生から中3まで(正確には中1、2年時は野球部優先で塾にはきていませんでした。)しかし関わってなかった。それで、高校のことやいまの大学のことを聞きました。高校時代は東進の林先生の現代文以外は自主学習だったということです。高校英語は先生のアドバイスをもらいながら高2で終了し、数3も早めに終わらせ3年時は物理化学の学習に重点をおいた。英語のアドバンテージ受験では有効だった。(手前みそになりますが彼は小学生の時うちの教室で英語の下地を作りました。)などなど、

 

 明後日には戻るというので、「今度本郷に行くから昼飯一緒にどう。東大生の行く店に案内して」「俺、まだ駒場ですけどいいですよ。いつですか」「今度の日曜日」「あぁ、予定入ってます」
食事はまた次回ということになりました。

昨日からどんよりしていた気持ちも一気に回復❗️
だからこの仕事やめられません。彼らの成長が私を励ましてくれます。
小学生の時にどんな勉強をしたかって大切です!

 

 

 

PISA低成績の要因は

【記事抜粋】加盟国生徒の低成績の要因は、社会経済的に不利な状況を有する点では共通しているが、日本の場合はそれ以外に、教員からの支援が薄いなどの要因と指摘された。また低成績生徒への対応から得られる社会的利益に比べると、かかるコストは小さく、その教育政策の実施こそが、問題を乗り越える助けとなると語った。

センター試験に変わる新テスト

2020年度(現在の中学1年生)から始まる新テストは、まずはセンター試験と同様に年1回、高校3年生の冬に受ける方法で実施することになります。  将来的には複数回実施案の検討も進めるようですが、当面は「一発勝負」が続きます。

 

記述式問題と選択式問題は別日程に 英語は民間の検定試験も

 今の小中学生の大半の方は、センター試験に替わる新テストを、基本は高校3年生で1回受験すると考えてよさそうです。しかし、その1回の試験のなかで、記述式問題と選択式問題の日程を別にして実施する可能性が出てきました。例えば、高校3年生の2学期に記述式問題のテストを受験し、1月に入って従来のセンター試験のような選択式問題のテスト(マークシートのテスト)を受験する、といった状況が考えられます。

加えて英語については、「話す」力まで測定できる、民間の資格・検定試験の活用も検討されています。つまり、これまでは国公立大学の受験であっても、センター試験と個別試験を受けるだけでよかったものが、2020年度以降は、英語の資格・検定試験を受け、記述式問題を受け、選択式問題を受け、個別試験を受け…という流れになる可能性があるのです。

このように複雑な日程が検討されているのは、これからの大学入試で、受験生の多面的な能力を評価することが最優先になるためです。従来の知識・技能に加え、思考力や表現力、英語の4技能までより強化して測定する入試になるのです。

複数回実施でチャンスが広がる入試ではなく、複雑に分割された日程で様々な力を試される入試になるということは、受験生にとっては負担も大きいかもしれません。

受験のための勉強ではなく、日々の学習の積み重ねを大切に

 こうして見ると、これからの大学入試は、短期間の対策だけでは今以上に対応しづらいものになることは確かでしょう。また、民間の英語の資格・検定試験を受けるとなると、英語で「話す」力を伸ばすことも必要です。これからの大学入試は、保護者世代の方が経験したものとは大きく変わります。

ただし、子どもたちの勉強は、受験のためだけにあるのではありません。日ごろの勉強の積み重ねの先に、大学入試があります。多面的な能力が評価される入試は大変ではありますが、お子さまのよさを発見し、成長させてもらうチャンスでもあります。小中学生のうちから、お子さまの興味・関心を広げ、得意なものを伸ばしていくことも大切です。

   五年後、十年後も伸び続ける思考力と読解力 エジソン教室

   聞く・話す・読む・話す ベネッセこども英語教室

※大学入試改革については、2016年1月時点で文部科学省から発表されている情報をもとに記事を作成しております。現在も具体的に検討が進められており、今後の検討によって、お伝えしている内容から方針や具体案、実施の時期が変わる可能性がありますので、ご了承ください。

速読講座開講十年のお祝い

速読講座開講十年のお祝いとして、日本速脳速読協会より蘭の花が贈られてきました。

 十年前、茨城県内2番目として開講した友部教室。お陰様で速読トレーニングの効果がマスコミでも取り上げられるようになり、昨年は県内でも60以上の教室で導入されるようになりました。ただ、ご注意いただきたいのは、ブームだからと正しい認識もなく速読コンテンツを導入している教室もあります。その場合は残念ながら適正な効果も出ませんが、速読コンテンツが悪いわけではありません。

そん場合はお気軽にご相談ください。

0296-70-5122 ISJ志学塾

 

 

智学館特待2名合格、茨城中学2名合格

 小学4年生から3年間、エジソン教室と速読講座を受講している生徒たちが無事志望校に合格しました。

 思考力と読解力の学習の土台をしっかりと築き、受験対策は小6の夏休みから行いました。学習の基礎ができていれば3か月の受験勉強で十分志望校に合格できることを実証してくれました。

 

 多くの進学塾は4年生から受験指導をしています。合格が目的なら早い段階で受験指導をすることは合格の確率を上げることになりますから否定はしません。しかし、私たち志学塾は合格を目的にした学習を提供しておりません。志望校入学後も継続して学習できるようにしっかりとした学力を養うことを目的としています。

 ですので、エジソン教室出身者はその後も学力が伸びていくのです。

 

 

 智学館中等教育学校 茨城中学校

 

 

 

 

 

 

 

 

茨城中学 智学館中等学校 中学受験 合格 特待生

「脳科学から見る速読の効果」

澤口俊之先生に聞きました!「脳科学から見る速読の効果」

 

 

速読甲子園全国4位

この夏行われた速読甲子園全国大会で志学塾友部校の中学3年生が全国4位に入賞いたしました。

 

速読甲子園個人戦は、学年別に設定されたクラス内で文章問題(長文テスト・短文テスト)を解き、総合ポイントを競います。

長文テストは1所要時間15分、5ページ(約5000文字)を読んで5問を解きます。

短文テストは所要時間3分、短文を読んで設問に答えます。それを時間内に30問解答します。

それぞれの合計ポイントで競います。

 

 

夏のエジソン教室

 


夏休みのエジソン教室

月曜日から金曜日まで

午前9時から12時までの3時間

 読解問題や思考問題 90分

後は読書をしたり、夏休みの宿題をしたり

そんな感じで夏休みの午前中を過ごします。

 

 5,10,15,20日 希望日数を選べます。

   時間も1日 1時間、2時間、3時間自由に選ぶことが出来ます。

 

夏休み期間中は遠方から来る小学生もいらっしゃいます。

 

 問い合わせ

 

 0296-70-5122 志学塾 友部教室

 

 

 

 

 

 

 

夏休み 宿題 読書 小学生 友部 笠間

2019年大学入試改革概要

2019年大学入試改革概要
2019年大学入試改革概要

志学塾では、設立以来「対話」と「リテラシー」を重視し、「読む・書く・考える」学習環境を提供してきました。この学びの三要素は、特に小学生のうちにしっかり定着しているとその後の高度な学習の伸びにつながることは、卒業生たちが実証してくれています。志学塾の小学生クラスはその土台つくりをしています。

2年半の成長

夕方6時からは中学生の1学期末の学力診断テストです。

何名かは今日が部活の試合があり後日試験となりました。

午後8時に入り口のドアの音が「いまごろだれかな?」

そこに現れたのは三年前に中学を卒業したT君でした。


野球少年の彼は某古豪高校で野球をしたい。

部活推薦でなくその高校に入るために一所懸命に

勉強して一般試験で入学して、

その遠い高校へ毎日通って野球をしていました。

 そして、今日の試合で高校野球の引退が決まりました

その報告に来てくれました。

2年半ぶりに会った彼は、中学の面影を残しながらもりりしい青年と成長していました。

そしてこの夏からは志望大学に向けてあらたな挑戦です。


大学受験は高校受験のときほど甘くはないけど、君なら出来る!

そう私は信じています!

茨城県高校入試説明会

14時から高校入試説明会を行いました。

茨城県教育委員会から出された実施状況報告書や茨城統一テストの追跡調査、私立高校の先生からお聞きした情報をもとに資料を作成し、今年度の入試の分析と来年度の入試に向けての対策の説明を中心にしました。
2020年度からは大学のセンター試験は廃止され、今年の中3生が最後の受験者になります。これからの義務教育の内容も変化していくでしょう。

 

それに伴い県立高校の入試も少しずつ変化しています。

 

中2生が大学を受験するときは、新しい入試制度での受験となります。
 志学塾のの小学生エジソン教室は今の教科書内容ではなく新しい学力観に基づいた学習を進めています。

 

今日、保護者の方から夏期講習で25万円払ったとか3日間の合宿で10万円かかる(ほかに講習料も)いう塾があるとお聞きしました。

 

それって、適正な価格といえるのかと疑問がありますが、どんな内容なのでしょう?

テスト会員受付中

普段忙しく塾に通えないお子さんでも塾生と同じように学力テストが受けられます。

  以下の予定表より希望月のみ受験できます。(年1回から可能です)

 

  4つの大きな特色

 1、精選された良問と吟味された難易度

 2、適正進度とカリキュラム

 3、豊富で正確な各種のデータ

 4、安定した大規模な母集団

公開テスト予定表
公開テスト予定表

受験の手順

  1、塾生として登録(通塾の必要はありません。)

  2、受験希望月のテストを電話で申し込む

    (年1回から受験可能です。受けたい月の前月20日までに申し込みください。)

  3、月初めにテスト範囲の予習テキストを受け取る

  4、受験日を確認(指定日以外にも受験できますのでご相談ください)

  5、翌月に学習診断表、個人成績表を受け取る

     (希望者には個別面談で学習アドバイスを行います)

 

     学力診断テスト  公開テスト 笠間 友部 志学塾